Top >  メニュー >  純粋そのもの

純粋そのもの

"私の初恋は中学一年生の秋でした。
彼は転校生。見た目がかっこいいと噂で、転校してきたその日に彼のクラスまで見に行ったのを今でも覚えています。
その上かれはサッカーがとても上手くて、サッカー部に所属してからも活躍していました。
そんな私たちが友達の繋がりで親しくなり、放課後も遊ぶようになり、そしてお互いが恋に落ちたのです。
私が本気で恋をした、初恋でした。
とにかく胸が苦しくて、でも暖かくて、恥ずかしくて、どうしようもない。そんな気持ちで毎日学校に登園したのを覚えています。
休み時間に廊下で会う、他の生徒にバレないように、そーっと階段の踊り場で二人きりになる。
下校途中に待ち合わせをして、近くの神社に寄る。
話が尽きてしまっても、ただただ一緒にいたくて暗くなるまで二人でベンチに座っている。

今ではもう考えられないほど、純粋な恋愛でした。
人を好きになる気持ちって、すてきな感情ですよね。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の費用の相場について 結婚相談所のアドバイザーとは 結婚相手への希望 好感がもたれるプロフィールとは? 婚活相談所のイベント 婚活相談所におけるタブー 結婚相談所って、再婚や中高年でも大丈夫? 結婚相談所のチェックポイント 気をつけたい結婚相談所の注意点 結婚相談所の特徴 両親の意向に沿った一般的なホテル結婚式でした 遠距離恋愛 友達が好きだった女の子とのデート 初恋は中一の頃でした 中学生のときの初恋 忘れられない初恋 純粋そのもの 晩婚のメリットデメリット 晩婚化は良いことだと思いますが・・・。 現状の晩婚化について 「最高にセンスあるなあ」と感心した、曲げわっぱの弁当箱 引き出物で印象的だったもの 唯一の引き出物 私の結婚願望について 40代での結婚は前半であれば理想 新婚とよべる生活 兄弟のいる長男ならそれ程問題はないかも? 治療4年で念願の妊娠 姓が変わることについて